時差ビズのメリットとデメリット!いつから?参加企業は?

      2018/02/07

スポンサーリンク

小池知事の新たな「ビズ」シリーズ!

東京都の小池百合子知事の提唱した

「時差ビズ」について情報をまとめてみます。

 

スポンサーリンク

「時差ビズ」とは??

「時差ビズ」とは、

出社時間を早めるなどして

通勤ラッシュを緩和し、

働き方改革に繋げていくことを

目的とした東京都の政策。

 

東京都では、

7月11日〜25日までの間、

集中的に「時差ビズ」を

実施する予定です。

…朝の通勤ラッシュ。

 

地方に住む者代表として、

この時間帯の電車通勤が

都会で働くことへの

恐怖のひとつでもあったりします。

 

皆さんすごいですよね><

通勤に1時間かかるのも

想像できないです…。

 

そんなわたしは

毎日自家用車で通勤しておりますが、

いつもとちょっと違う時間帯に

出社しなければならなかったりすると、

普段巻き込まれない

通勤ラッシュにハマり、

あー結局早く出た意味…

なんてこともしばしば。

 

この時間帯を

避けることが出来るのであれば、

当然通勤に伴うストレスの軽減、

さらには通勤以外の時間を

自由に使えるようになったり、

メリットが多そうですよね!

 

では考えられるデメリットは

なんでしょうか??


スポンサードリンク

メリットは?

改めてメリットをまとめてみましょう。

 

  • 通勤ラッシュに伴うストレスの軽減
  • 通勤時間以外の有効活用

 

…ストレスが軽減されたり、

自由な時間を

有効に使えたりするようになれば、

働くことへのモチベーションが向上し、

結果として

労働の生産性の向上も見込めますよね。

 

自由な時間が増えれば、

巡り巡って、

子育てや介護の支援になる

ということも考えられます。

 

デメリットは?

メリット以外にも

デメリットも考えてみます。

 

  • 就業時間が長くなる

 

…1時間早く出社したからといって

1時間早く帰れる保証はありません。

 

職場によっては

出社が早まったことにより

今までより長くの就業を

強いられるケースも考えられます…。

 

朝残業なんて嫌ですよね><

 

またこの

「時差ビズ」という考え自体も

10年前から提唱されていたものですが、

効果が得られたと

感じるまでの変化を

実現するのはハードルが高そうです。

自社と関連会社全てが

足並みを合わせるのは

難しいですよね。

 

まとめとして、

実現すれば

メリットが多いと感じられますが、

現実的にはデメリットが多いというより、

実現が難しいものといえるでしょう。

 

参加企業は?

現在公式サイトにて

参加企業を募集中のようです。

 

参加の条件は以下の通り。

(1) 労働関係法令違反をしていない(労働基準監督署からの立ち入り検査、是正勧告など受けていない)。
(2) 反社会的勢力との関わりがない。
(3) 業務停止命令や行政処分などを受けていない。
(4) 各種助成金の不支給措置を受けていない。
(5) 本社・事務所(生産拠点、流通拠点、営業所等)所在地が東京都内に存在する。

【引用】快適通勤ムーブメント「時差Biz」


スポンサードリンク

 - 社会