玉野宏昌(元西武)の現在の会社はニッセイロールペーパー?給料は?

      2018/02/07

玉野宏昌さんという

元プロ野球選手をご存知ですか?

9月23日(土)の「バース・デイ」にて

特集されますよ!

スポンサーリンク

かつてドラフト1位だった男の現在は?

高校時代に甲子園出場はなかったものの

1996年のドラフト会議で

西武ライオンズからなんと1位指名!

 

同年オフに西武ライオンズから

読売ジャイアンツに移籍した、

清原和博氏が背負っていた

背番号「3」を与えられたそうです。

ポスト清原と言われたほどのこと。

 

1位指名を受けるだけでも

球団の期待が溢れるものですが

背番号1桁、しかも長年同球団で

活躍した選手の背負っていた背番号を

請け負うことになるとは

期待の大きさを感じるエピソードですよね!

 

自分に置き換えてみると

球団からの期待もひしひしと感じ

嬉しいものですがそれと同時に

プレッシャーもなかなか感じますよね。笑

 

今回はそんな玉野さんの

現役時代の情報と

引退後の今についてわかる情報を

まとめてみます。


スポンサードリンク

玉野さんの現役時代は?

18歳でプロ野球の世界に入った玉野さん。

入団後2年間は2軍暮らしが続きました。

 

高卒入団であれば珍しい話でもないですし

玉野さん本人も3年ぐらいすれば

1軍に定着できるであろうと思っていたようです。

 

その後、1軍に昇格することもありましたが

目立った活躍ができないまま、

なんと4年後には助っ人外国人に

背番号「3」を明け渡すことになってしまい、

「33」に番号変更になっています。

 

プロ野球選手にとって背番号は

自分自身を表す大事な数字。

不振のために験を担いで

オフに番号変更をする

選手もいるくらいですからね。

 

期待をかけられてもらった「3」を

助っ人に譲り渡すこととなり

悔しい思いをしたのではないでしょうか??

 

実際は

番号が変わりほっとした

というコメントを残しています。

…「3」のプレッシャーは

わたしたちが想像する以上だったようですね。

 

そしてそのまま2004年にはトレードで

中日ドラゴンズに移籍することとなるものの

1軍で試合に出場することができず、

27歳の若さで現役を引退しています。

 

通算成績は123試合出場。

打率.208で本塁打は4本という結果でした。

 

引退後の職業は?

プロ野球選手は長年その球団で

活躍するとその後も球団で職を与えられたり

優秀な選手はコーチになったりしますよね。

 

ですが多くの選手が1年で入団する代わりに

多くの選手が戦力外のなる厳しいプロの世界。

玉野さんは球団で職にはついていません。

 

引退後は

時給900円のスーパーの

惣菜売り場で働いたり、

佐川急便のドライバーを

経験したりしたそうです。

 

佐川急便のドライバーは8ヶ月で退職。

 

最後の球団が中日で本拠地が

名古屋だったということでそのまま

名古屋で職に就きましたが、

東京生まれの奥さまが

寂しい思いをしているのでは?と思って、

1年もたずに退職し、東京に戻ったそうです。

 

奥さまへの愛を感じるエピソードですよね。

 

その後、都内の

「ニッセイロールペーパー」という会社に

就職をして現在に至ります。

 

こちらの企業は私たちの生活に欠かせない、

ロール紙、例えばレシートやATMの明細、

領収書などの製造・販売を手がける会社です。

 

【出典】http://www.city.kiyose.lg.jp/s004/040/010/010/2014/20140701/260701-2-2.pdf

 

 

給料は?

玉野さんの現役時代の年俸は

ドラフト1位入団ということもあり

2,000万円だった年もあったようです。

 

無理もない話ですが

当時は外食も多く

豪遊していたこともあったそうですよ。

 

現在はどうでしょうか?

 

もちろん会社での役職によっても

給料は変わってくると思いますが、

「ニッセイロールペーパー」の

求人情報をみてみました。

月給

a 基本給(月額平均)又は時間額333,200円~363,200円

b 定額的に支払われる手当

a + b
333,200円~363,200円

c その他の手当等付記事項

精勤、皆勤手当8,000~12,000円

【引用】https://job.j-sen.jp/hellowork/job_13291920/

 

33万円〜ということですね。

 

なお、現在は募集は行っていないようです。

 

プロ野球選手として活躍できる人は

本当に一握りという中、

引退後の第二の人生も気になりますよね。

玉野さんの現在については

放送を楽しみに待ちましょう^^

スポンサードリンク

 - 芸能